2016年11月01日

むかつく店に行ってしまったム━━━[○・`Д´・○]━━━ヵ

近所に鮨屋ができた。
鮨といってもオンリーではなく、一品ものもたくさんある感じ。

表の看板に小ぎれいな写真とメニューのいくつかが書かれていて、
その中の「フォアグラ西京漬け」というのに食指を動かされ、
とりあえず行ってみるか〜と。






ここから先はかなり細かな話。そして長文になります。

鮨屋ってさ、どんなに気軽に入れると書かれていても
回転でなければ、とりあえずの格式はあるんだろうと
思うわけ。
お安いチェーン店でも、対応はきちんとしてるからね。

で、店に入ってコートを脱げば、スタッフが来て預かるとか、
見えるところにハンガーラックがあって掛けておきますね、とかの
ごくごく当たり前のイントロがあるのね。

ところが、コートを掛けるところもなく、預かろうという気配もない。
で、他のお客を見たら椅子に掛けてるの。
………あ、そういう店か……と、ここでちょっと萎える。


かなり広い店内。
カウンターは10席ほどとテーブル席が4つ5つある。

スタッフは2名。
ひとりは店長なのかな。つけ場にたちながら、
並行してテーブル席のお客さんに料理の説明をしたり、
オーダーを取ったりしている。
けっこう慌ただしい雰囲気。

そして、もうひとりはというと〜〜
はっきりいって、ただいるだけ。
最初にでかい声で「いらっしゃいませ」と言ったきり
ずっと奥に引っ込んでる。
どうも皿洗いしかできない雰囲気たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

もしも満席になったら、このふたりでは絶対回せないと
思うんですけど。。
それとも満席という状態は想定していないのか??


やたらでかくて座りにくい椅子にやっとこ腰掛け、
ネタケースを見る。

一般的なガラス張りのネタケースだ。
その中にネタが2割ほど並んでいる。要は8割がすかすかってこと。

かなりヤバ目。

少しして、ぶ厚いファイルホルダー型メニューを渡される。
一品もの、100種類くらいありそうだが、すべてが揃って
いるんだろ〜か……と思いながら再びネタケースに目を向けた。

(駅前に、200〜300のメニューがあるという触れ込みで
 テレビにも出た居酒屋があるが、じつは実際にできるものは
 10種類もない、というのを知っているので、ここもメニュー
 すべてがオーダー可能なのか気になった)


まずはお飲み物を決める。
瓶ビールを頼むと地ビールしかないという。
中ビンサイズで1000円なり。
かなり高いだろ。
店側の売り「リーズナブル」がこの時点で崩壊する。

生はスピルナーグラスで750円なり。
日本酒メニューを見る。
45㎖、90㎖というサイズの次がボトル。???
この店には1合って概念はないんかい!!
しかもHPには厳選日本酒90㎖300円からと書かれているのに、
見渡す限り45㎖で600円以上なのだ。
45㎖って大さじ3杯だよ、あんた。

「ちょっと用を思い出したんで」と席を立とうか考えるが、
まあいっか。握りだけでも食べてみようと気を取り直し、
8カン吸い物付きを頼んだ。2800円なり。


ドリンクの値段は銀座並み。
握りはというとパック寿司でございました。
(ちなみにパック寿司を貶めているのではない。
 値段と釣り合わないというたとえ)
だったらパック寿司を2800円分いただきますよ。
30カンは食べられるでしょ。そのほうがずっといい。

一緒に持ってきてくれとお願いした吸い物も
8カン食い終わった時点でまだ出ず。

今年一番の大ハズレ〜〜、なのでありました。

一応写真撮ったけど、アップしません。
店名も書きません。

そんな店が世田谷にある、というお話し。

くっそ〜!! 
2件目に足を向けたのはいうまでもないのでした。

posted by 有栖川ケイ at 00:00| ぐるめもどき