2016年08月08日

町医者の驚異

医者に行くことは滅多にない。
といっても、歯垢をきれいにするのに歯医者に行ったり、
もろもろの検査を受けたり……なんてことはあるけれどね、

ただ、体調不良や異変を感じたとき、速効で行くことがない。
放っておけば収まるだろうって素人判断で、そのままに
しておくことが多いから。

でも今回は腹痛で行ってみた。

腹痛ってさ、すぐに治るイメージだけど、数日痛いままで
ちょっと心配になってさ、最寄りの医院へGo。

白髪混じりの上品な先生。
症状を聞いて、体温を測り、診察台に横になって触診……って
いう昔から変わっていない診察を受けた。
だがそのあとで。
「じゃあエコーで見てみましょう」……と。

え? エコー? それは超音波? 人間ドックでやる検診?
ゼリー塗って器具当てて、ディスプレイに投映するあれ?

と思う。

その通りでございました。

今の町医者って、人間ドックと同じ検査するんだ。
だったらドック行く必要ないじゃん、と思う。

年に1回、お腹が痛いっていって診察を受ければ
ドックと同じ検査をしてもらえるんだ、と。

帰り際、あらためて院内を眺めてみたら、待合室の壁に各種検査の
お知らせが貼ってあった。
自治体が行っている定期検診の指定医院(のひとつ)であるのは
もちろんのこと、
胃カメラとか、腸の内視鏡とかいろいろやっている。
診察室以外にいくつも部屋があって仕切られてもいるんだが、
そこかしこに精密機器が置いてあるってわけだ。

とりあえず、内臓に異常はないようで一安心。
いろいろ検査してもらい、検査キットも用意していただき、
1500円也なのでした。

大病院に行かなくても、歩いて1〜2分の町医者で同様の
診察が受けられる。
ドック並みの検査ができるってすごくない?

しかもさ、大病院っていったことがある人はわかると思うけど、
工場的診療だよね。
事務的、機械的に流されて診察して、カルテ持って会計口に行って、
それから薬局行ってさ。しかも各所で超激待ち時間。
もういかねーぞ!! と思うのでありました。

嬉しい体験ができてよかった………というお話。



posted by 有栖川ケイ at 00:00| MAY雑記帳