2016年08月31日

へそ天の続き

へそ天画像のプチ追加。


最初にこの1枚。
へそ横に見えるんだけど、反対側に回るとへそ天なのです。
IMG_7039.jpg



IMG_4585.jpg



IMG_5999.jpg





★そしてこれ↓ ちょっとへそ横
IMG_1016.jpg
わたしはこのポーズをドラクエのお姫様と呼んでいる。

理由はね。。。
かなり原点に遡るのだけど、ドラクエ1はハードが
ファミコンだった。

今の子たちには理解できないくらい画素数が低くて
容量も低くて、できることに限界がありまくりだった。
それを当時の天才開発者たちが、知恵を振り絞り、
あらゆる創意工夫で様々なゲームの世界を具現化していた。

そんな時代。

ゲーム画像は容量的に描ける背景やキャラクター数が少なかった。
キャラクターは主人公の他、町人や王様、商人や子供という
構成上不可欠な必要最低限に限られていた。

ドラクエもそうした制約の中で作られていた。

そしてここからが本題。

ドラクエ1のイベントで、「誘拐されたお姫様を救う」と
いうのがあった。
それをクリアしないと先に進めない、いわゆるフラグを
立てなくちゃならないイベントだった。

お姫様は塔だか地下室だかの牢に閉じ込められていると知り、
そこに行って無事牢に辿り着いて鍵をあけて牢の中に
入るのだが、肝心のお姫様がいない。
でも床の一部に人形のような絵が描かれている。
ということはこの絵が関係してるんだろうなと思う。
しかし絵についての情報はこれまでになく、
もしや聞き漏らした話があるかもしれないと遙か前に戻って
やり直すことにした。

でも結果は同じ。
ほかに牢はなく、聞き漏らしていた情報もなく、
ここで何かをしなければならないということだけが
はっきりわかる。

ふたたび入念に牢の中を調べ、壁もいちいちチェックするが
どこにもお姫様はいない。

そして人形絵の床に接近。
もしや隠しボタンとかあるかもしれないとか、あらゆる想像を
巡らすがいっこうに進展しない。

そのときうっかり手が滑り、コントローラーの話すボタンを
押してしまう。。。

したらば、、、、


途端に床の絵が話し始めて、一気に話が進展し、次のエピソードに
コマを進めることになったのでした。

要はね、メモリが足らずお姫様の絵をカラーで起こすことも
動かすこともできなかったというオチ。

だからお姫様は床と同じグレートーンで描かれ
床パネルの1枚になってしまった。

普通はね、他の床と違うというそれだけで気付くみたい
なんだけど、わたしはわからず仕舞い。

手が滑るっていう偶然に助けられ、ゲームを進めることが
できたのでありました。

この床の人形絵がね、
顔が丸くってずんどうでへそ天してた、というか仰向けだった。

だから長方形に収まる形でへそ天してるユリおを見ると
お姫様の絵を思い出してさ、笑っちゃうの。

ユリおは、けっこう頻繁にこのポーズをとる。
その都度一度はいわないと気が済まない。
「ドラクエのお姫様」と。






くだらなくてすみませんたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)



最後はこんなへそ天で。
IMG_4442.jpg







2016年08月29日

ユリおのへそ天履歴

タイトルのへそ天っていうのは、へそを天に向ける、
つまり仰向けのこと。

犬は仰向けになっても手足が伸びきらない。かちっとした感じ。
でもネコはだら〜んと横とか上とかに、四肢が適当に広がる。
それがなんともかわいくて〜 

わが家のネコ、♀ネコらはあんまりへそ天にならない。
横向きとかが多いのね。子供の頃はへそ天だったくせに、
大人になったら警戒心とか出てくるのかな。
横向きやうつぶせ寝がほとんどになってしまった。

一方、唯一の黒一点ユリウスは今も昔もへそ天なのです。

もうね、我が物顔でへそ天っぷりを発揮してる。
子供の頃から順を追ってみてみるかな。

IMG_1381.jpg
生後4ヶ月くらい。いつもこんな風に寝てたよ。

IMG_0136.jpg
クッションをソファの背もたれや肘置きに並べて
閉鎖空間を作ってあげるとすぐにはいってごろんと。

IMG_4432.jpg
ケリケリペンギンと一緒に。

IMG_4702.jpg
1歳頃。だら〜〜んと。

IMG_0171.jpg
わたしのセーター。
これは何故かネコらのお気に入りでたまに奪い合ってる。
そんなわけで、傷だらけ穴あきだらけで着られなくなって
しまった。
高かったのに〜〜たらーっ(汗)


IMG_0556.jpg
2歳くらいの頃。
小さな箱に無理やり入るのが習慣化し始めた頃。

IMG_5411.jpg
床へそ天。3歳を過ぎて。


ユリおはすごく大きくなったけど、寝顔は未だに仔ネコのよう。
体重は6.8キロぐらい。
夏は少し減って冬は少し増える。毎年その繰り返し。
逞しくて筋肉質。肩や腰の筋肉がすごい。

室内だだ走り中、扇風機のコードに引っ掛かるときがある。
でもユリおはビクともせず、扇風機がひっくり返る。
そんな、ばか力。

ベンガルといったら柄。
ドーナツロゼットは2個しかない。あとはアローかパウ。
ベースカラーはクリアなゴールドブラウンだったのだけど、
うちに来て濃くなった。
日焼け??みたいな。でも被毛が日焼けするの??みたいな。

よくわからないけど、子供の頃ほどロゼットが鮮明で
なくなったのは確か。
でもキラキラ光るグリッターは健在。顔もキラキラしてる。
きれいだ〜(親ばか)

そんなへそ天ユリおは今日も我が道を行くのでありました。


2016年08月24日

すみません。イタリアンで

またまたイタリアン。

IMG_5129.jpg
あわび茸とスカモルツァーチーズのオーブン焼き

IMG_5130.jpg
ンドゥーヤと自家製パスタのトマトソース

IMG_5133.jpg
鴨のロースト香草添え


久しぶりに食後酒を。
IMG_5135.jpg

IMG_5134.jpg

食後酒は美味しくてね〜 クセになるw
一緒にチーズ盛り合わせも頼んだのだけど、撮り忘れました。


まだまだ暑い毎日。
早く涼しくなれ〜〜〜と願うのでありました。

posted by 有栖川ケイ at 00:00| ぐるめもどき

2016年08月21日

ネコを少し。。

ネコはおもろい。

みんな天然だからね。

面白いことをしてるわけじゃないのに、おもろい。


IMG_5002.jpg
ユリおの毛繕い

IMG_4659.jpg
ヴィナ。のびのびというか、のびのぼ?って感じ。。

IMG_5079.jpg
ユリお。 ソファーのコーナーにもたれる

IMG_5027.jpg
ガイちゃんとキティの箱。



IMG_5056.jpg
悪魔目ユリお。同じくキティの箱。


なんてことないネコらの日常。



2016年08月20日

イタリアン多し☆

夏はね、きれいな環境ときれいな空気の中で
食事をしたくなる。

家の中はごちゃごちゃしてるし、ネコがうるさいからね。
夏は外がいいのですよ。

涼しくなってくれば、肘で割って入るような店でも
全然気にならないのだけどね。
今はゆっくりできて落ち着けて、うるさくないところがいい。

またもイタリアンでございます。

IMG_5090.jpg
鮎のフリット。リゾット添え

IMG_5092.jpg
ムール貝とルッコラのフェットチーネ

IMG_5096.jpg
子羊のロースト

IMG_5099.jpg
ドルチェ盛り合わせ

美味しくいただきました♪


それにしてもイタリアンてさ、星の数ほど店がある。

っていうか、なんでこんなにドバドバ新店できまくるんだよって
聞きたくなるくらいだ。

偶然の一致? イタリアンをやりたい人がたまたま多い?
いやいや、そんなことはないでしょう。

イタリアンは料理人にとって敷居が低いのだと思う。

日本には昔からパスタやピッツァがあり、料理自体に
馴染みがある。だから親しみやすい。
親しみやすければ、お客さんも店に入りやすい。
どんなものが提供されるのか見当がつくからね。
ちょっとくらいアレでも、どうにか運営できそうだ、的な?

ほんとは違うのかもしれないけど、そうとしか思えない店が
多すぎるという話。

ちなみに、近年バルが流行った。
そのときイタリアンは軒並み閉店の嵐だった。
そしてイタリアンバルができたり、
和食バルとかがぶわっと開店したっけ。
バルってつければなんでもいいのかって感じだ。

バルやるなら正攻法で攻めろよ。スペイン料理やれよって思う。

でもスペイン料理はイタリアンに比べて日本での馴染みが
薄いから料理人には敷居が高いのかもしれない。

要はビードログループのような日本テイストスパニッシュにするか、
エル・カステリャーノのようにまったくスペインそのもので
提供するかしかない。
どちらに寄るかは料理人が精通していないと選択もできない。

逆に高級店になってしまうと、フレンチもイタリアンもスペインも
似たり寄ったりになってしまって、あまり違わないというのが
正直な感想。
きれいな店内で、店の雰囲気がかちっとしていて、
料理は大きめな皿にアートな盛りつけ・・っていうね。

いずれにしても中途半端な店は閉店してるから。

淘汰されて残っている店はちょっとになってきたからね。

イタリアンのちバル、ときどきビストロ、みたいな?

次はなにがくるんだろ〜か。。。と思うのでありました。




posted by 有栖川ケイ at 00:00| ぐるめもどき

2016年08月17日

DNAが素晴らしい☆

某テレビ番組の話。
おそらく見ている人も多かったと思う。


デヴィ夫人が出ていて、「私はDNAが素晴らしいの」と言った。

その理由というのが、徹夜でぼろぼろになっているにも
かかわらず、仕事に行くと誰も彼もが「今日もきれいですね」と
言うからなのだという。
そのことについて夫人は、どれほど過酷な目に遭っても
ダメージがない。
すなわちそれはDNAが素晴らしいからなのだと言った。

ほら、普通は徹夜すると肌が荒れるとか目にクマができるとか
いうでしょ。
そういうダメージが自分にはないと言うことなのだ。

そのとき出演者のひとりが
「皆さん気を遣われているんですね」とぽそっと。
すると「あーた。今なんて行ったの」っていう、いつもの展開に
なるんだが、この番組を見ていてデヴィ夫人っていうのは
痛い人なのか、あるいはそういうキャラを演じているのか、
どっちなのかわからなくなったのね。

社交辞令を本気にするなら痛い人だけど、あらかじめ台本があって
そのように演じているなら作られたキャラになる。

見た目は痛い人にしか見えないんだけどね、演技なら
たいしたもんだと思う。

いずれにしても、この「DNAが素晴らしい」というワードは
わたしのマイブームになったのでした。



ネコの話をするときにね、よく使うの。

わが家4頭の猫がいる。
年は少ししか違わない。同じところで生活し、日々同じものを
食べている……にもかかわらず衰え方が違う。
衰えというのは、瞬発力だったり、食べ方だったり、
お口だったり、おしりだったり、毛並みだったりといろいろだ。

基礎代謝というか再生力というか、そういうのも違うんだよね〜
人間でも年齢より若い人とそうでない人がいるように
ネコにも個体差がある。

それを実感するとき、この子は「DNAが素晴らしい」んだわ、と
口にしてしまう。


オリンピックを見ていても、つい「DNAが素晴らしい」のね〜と
言ってしまう。

しばらく続きそうなマイブームなのでした。




IMG_5083.jpg
ユリおです。
彼もいいDNAですよん。
ついでに悪ガキの遺伝子も。。。


posted by 有栖川ケイ at 00:00| MAY雑記帳

2016年08月13日

近場のインドレストランで☆

暑い日々は続く。。。


そんなわけで、近場のインドレストランへ。

余談だが、インド料理のカレーって、オンナは大好き。
でもスタンドカレーや蕎麦屋のカレーや、ここいちとかに
オンナは行かない。
行く人もいるだろうけど、圧倒的にオトコ。

小学生に好きな食べ物を聞くと男の子の1位はカレーライス。
でも女の子の方は5番以内にも入っていない。

でもね、インドレストランのカレーは大好きなの。
だから客の過半数がオンナ。
もちろんオトコもいるけれど、やっぱオンナ。

わたしも同じでカレーは断然インド。
最近はタイカレーのファンも多いけど、わたしはインドがいいな。

そんなわけで、インドレストランに行くのだけれど、
この暑さでしょ。
満席でさ、3日振られてようやくの週末。
ちょっと遅い時間に行ってやっと座れた。



IMG_5100.jpg
お通し。
ソースはミント味。

IMG_5101.jpg


(前菜盛り合わせは撮り忘れた)


IMG_5102.jpg
マトンマサラの大辛

IMG_5105.jpg
ほうれん草チキンの大辛

ここはね、ナンが美味しいの。
それも通う理由のひとつ。

いくらカレーが美味しくてもナンがまずいと
テンション下がるからね☆

ちなみにわが家、けっこうカレーお取り寄せをするんだけど、
ナンまで取り寄せると冷凍庫がいっぱいになってしまうので、
いつもカレーだけお取り寄せ。
そうするとナンはスーパーで買うことになる。
このスーパーで買うナンがさ、かなり美味しくない。
だから最近は取り寄せず、レストランに行くようになった。

今日も大辛、美味しくいただきました。

posted by 有栖川ケイ at 00:00| ぐるめもどき

2016年08月12日

ヴィナちゃんとガイちゃんの冷戦☆

わが家のネコは箱ネコ。

みんな箱が大好き。
でもね、箱もさることながら箱の置かれている位置も重要。
空いているところで寝ればいいのにと人間は思うが、
猫は好きな場所の箱を取り合う。
もちろん取り合わないときもあるのだけれど、
あちこちに置いてある箱は頭数の倍以上の数があるのに
争奪戦も勃発する。


先だってはこんなことが〜




IMG_4841.jpg

ヴィナちゃんが高台の箱でくつろいでる。
しか〜し、、、、



IMG_4842.jpg
引いてみると、実は隣にガイちゃんが。


IMG_4847.jpg
角度を変えてこんな感じ。

IMG_4843.jpg
ヴィナはしかと。



しか〜し、、、

ガイちゃんがもぞもぞ動くのだ。

IMG_4845.jpg

それが気になって、ついガイちゃんの方をみるヴィナ。


すると、、、、、


IMG_4846.jpg

目と目が合い〜〜、、、、







IMG_4839.jpg
ガイちゃんは一気にヴィナめがけて………………



そのあとは・・・・ご想像にお任せします。



こうして、
猫たちの戦いは日々続くのでありました。




2016年08月09日

暑くて外に出られない☆デリバる&夏新番ドラマ

今は夏休みなわけだが〜

ポケモンGoにもすっかり飽きて〜

夜な夜な外をさまよう生活にも終止符が打たれ〜、

途端に猛暑となり〜、

外に出るのも億劫で〜、

ランチにピッツァをとるのでありました。

IMG_4955.jpg

ここのピッツァ、好きなの。
ディナーはそこそこするお値段だけど、
ランチは安い〜

IMG_4956.jpg

こんな感じ。

美味しくいただきました。



食べ終え、録りためてあったテレビシリーズを一気見する。

7月からの夏新番ドラマ。
個人的な感想を。

刑事7人2はね、もしかしてスペシャリストをやろうとしてる?
と感じたのだけど、どうかしら?

神の舌を持つ男・・・・・監督がトリックのかたでしょ?
超期待したよ。
でも内容はさ、カッパの三平かと思っちゃった。。。

「グラメ」と「家売る女」は最終話がオンエアされてから
まとめ見する予定なのでまだ見ていない。

現在、一番面白いのは「ON 異常犯罪捜査官」
これ、相当よくできてる。
でもテーマ性のせいなのかな、視聴率はイマイチだけど
個人的に好みだ〜
余談だが、フジのドラマはオープニングが特に好き。
映像がなかなかに工夫されているから楽しみなのであります。

テレ東深夜の「おとこめし」はいい感じ♪
生瀬さん好きなのでね。見ているの。
料理も毎回旨そうだ〜。でも調理法がちょっと古い?
もしかしたら原作が何年も前のものなのかもしれないが。

あとはいろいろ。
たまに、好きなテーマじゃないなと見過ごすと、
後の反響とかすごい作品があったりして、そんなときは
ぐやじ〜〜となる。

ほかには外画。
ナンバーズとキャッスルをまとめ見しております。
アメリカの作品はテンポが速くて中身が詰まってるんで、
日本の作品になれている頭で見ると、うっかり伏線を
見逃したりして、何度か見返すことになる。
とても貴重な証拠なんかも、さらっと流して、次いくよ
みたいな展開で、もったいぶった演出とかがないから
え、え、ええええ〜〜?と置いてきぼりを食うことも。

そんな夏休み。いっぱい楽しみたいと思います☆


posted by 有栖川ケイ at 00:00| ★いろいろ感想★

2016年08月08日

町医者の驚異

医者に行くことは滅多にない。
といっても、歯垢をきれいにするのに歯医者に行ったり、
もろもろの検査を受けたり……なんてことはあるけれどね、

ただ、体調不良や異変を感じたとき、速効で行くことがない。
放っておけば収まるだろうって素人判断で、そのままに
しておくことが多いから。

でも今回は腹痛で行ってみた。

腹痛ってさ、すぐに治るイメージだけど、数日痛いままで
ちょっと心配になってさ、最寄りの医院へGo。

白髪混じりの上品な先生。
症状を聞いて、体温を測り、診察台に横になって触診……って
いう昔から変わっていない診察を受けた。
だがそのあとで。
「じゃあエコーで見てみましょう」……と。

え? エコー? それは超音波? 人間ドックでやる検診?
ゼリー塗って器具当てて、ディスプレイに投映するあれ?

と思う。

その通りでございました。

今の町医者って、人間ドックと同じ検査するんだ。
だったらドック行く必要ないじゃん、と思う。

年に1回、お腹が痛いっていって診察を受ければ
ドックと同じ検査をしてもらえるんだ、と。

帰り際、あらためて院内を眺めてみたら、待合室の壁に各種検査の
お知らせが貼ってあった。
自治体が行っている定期検診の指定医院(のひとつ)であるのは
もちろんのこと、
胃カメラとか、腸の内視鏡とかいろいろやっている。
診察室以外にいくつも部屋があって仕切られてもいるんだが、
そこかしこに精密機器が置いてあるってわけだ。

とりあえず、内臓に異常はないようで一安心。
いろいろ検査してもらい、検査キットも用意していただき、
1500円也なのでした。

大病院に行かなくても、歩いて1〜2分の町医者で同様の
診察が受けられる。
ドック並みの検査ができるってすごくない?

しかもさ、大病院っていったことがある人はわかると思うけど、
工場的診療だよね。
事務的、機械的に流されて診察して、カルテ持って会計口に行って、
それから薬局行ってさ。しかも各所で超激待ち時間。
もういかねーぞ!! と思うのでありました。

嬉しい体験ができてよかった………というお話。



posted by 有栖川ケイ at 00:00| MAY雑記帳

2016年08月05日

またまたイタリアン

なんか、イタリアンが続いてますが..

最近あまり食べてなかったから、
スイッチが入った途端
気持ちが引っ張られてしまったのかも。。。


IMG_5064.jpg
前菜はトリッパのトマト煮込み。

IMG_5065.jpg
パスタは、ペンネッティのゴルゴンゾーラソース。

IMG_5069.jpg
メインは鴨のロースト、コーンのソースで。

IMG_5072.jpg
久しぶりにグラッパ。

IMG_5073.jpg
ドルチェはカタラーナ、メロン添え。

今宵も美味しゅうございました☆





posted by 有栖川ケイ at 00:00| ぐるめもどき

2016年08月04日

またもイタリアン☆

毎日暑い。

暑いと気持ちが散漫になり、「暑い」ことを理由に
やらなきゃいけないことを後回しにしてしまう。

外食も、秋、冬、春の3シーズンとは異なる次元で店を選ぶ。
もちろん美味しいってことが一番なんだけど、
2番目に店内のすがすがしさ、というのが入ってくる。
店自体は広くなくても空間の広い店がいい。
照明は適度に明るく精神的に落ち着ける色合いがいい。
そして余計な匂いがない。
満席でもせわしなさを感じさせない気配り。。。など。

そうなると近場では2件しかない。
1件は馴染みの鮨屋。
もう1件が自宅から一番近いイタリアン。
空調の感じがいい。
レモンイエローのテーブルクロスが照明と
よくマッチしていて居心地がいい。

IMG_5005.jpg
手前にあるのはグリッシーニ。
彼のナポレオンも「トリノの小さな棒」と
呼んで好んだと伝えられている。

わたしはね、これがプリッツの原型だと思ってるのね。
グリッシーニをイタリアで知り、日本人の口に合うような
スナック菓子にした……と。


IMG_5007.jpg
ホワイトアスパラのソテー、トリュフ添え。

IMG_5010.jpg
自家製パスタのアラビアータ。
ピィチという、うどんのように太くてコシのある麺。
これは旨かった。

IMG_5012.jpg
子羊のロースト、バジルソース。

満足のディナーでありました。




posted by 有栖川ケイ at 00:00| ぐるめもどき